淋病 の 症状

淋病 の 症状

淋病 の 症状 は、感染後、数時間から数日で発症する。

 

感染箇所は、尿道、子宮頸部などの 性器 などの粘膜のほか、
咽頭 直腸などの内膜や、眼の結膜なども侵してしまいます。

 

性器 に観られる 淋病 の症状は、
男性の場合、 淋菌性尿道炎
女性の場合、 子宮頚管炎 の 性病 とされる。

 

咽頭の場合の 症状 は 咽頭炎 となるが、あまり症状は見られない。

 

具体的な 淋病 の 症状として、

 

* 男性 に起こる 淋病 の 症状  
多くみられる 症状 として、排尿時や勃起時などに激痛が起こる。
しかし、場合によっては無症状に経過することもある。

 

* 女性 に起こる 淋病 の 症状
女性の場合は、男性の 症状 とは違い、数週間から数カ月も 自覚 症状 がないことがある
また、症状 があっても特徴的な 症状 ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断されることがある。

 

ただ、放置していると菌が侵食していくのは避けられない為、骨盤内の膜、卵巣、卵管等にまで進み、
内臓の炎症や不妊症、子宮外妊娠 に発展する影響もあります。

 

万が一感染している事を知らず、妊娠、出産となった時に、母体から新生児に感染する事もあります。

 

新生児の 症状は非常に怖く、両眼が侵されることが多く、早く治療しないと失明するおそれもあります。

 

病原体は血流に乗って身体の各所に広がることもり、関節、肝臓のを覆う膜、心臓の内部が感染する(心内膜炎)場合も有る

 

ちなみに、淋菌 の 感染は何度も再感染する 性病 なので注意しましょう。

 

もしかしたら?と心当たりがある場合は、性病検査 、及び 医師による治療をうける事をオススメします。

 

淋病 の 症状関連ページ

淋病 ( リン病 ) とは
淋病 ( リン病 )は、淋菌 の 感染 が 原因 で発症する 性感染症 である。
淋病 ( リン病 ) 感染経路
淋病 ( リン病 ) の 感染経路 は、口内 や 患部 の粘膜を通じて 感染 します。
淋病 の 治療
淋病 の 治療 とは