淋病 ( リン病 ) 感染経路

淋病 ( リン病 ) 感染経路

淋病 ( リン病 ) の 感染経路 は、淋菌 を保持している相手との
性行為 や オーラルセックス により、 口内 や 患部 の粘膜を通じて 感染 します。

 

逆に、性行為 や オーラルセックス 以外で 感染 することは、
殆ど無いと言われておりますが、ごく稀に それら以外の形で感染する場合があります。

 

極めて、ごく稀に、大衆浴場 などで感染してしまう症例です。

 

女性 にある場合なのですが、自覚症状の無い 淋菌 保持者が、
知らずに銭湯を利用していた場合、共用している椅子などに、
淋菌 が付着してしまい、感染 することが稀にあるそうです。

 

女性の場合、性器が椅子に密着してしまう為、女性に多いと考えられる。

 

淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失う。

 

それと、感染者が出産時に母子感染を起こす場合もあります。

 

淋病 ( リン病 ) 感染経路関連ページ

淋病 ( リン病 ) とは
淋病 ( リン病 )は、淋菌 の 感染 が 原因 で発症する 性感染症 である。
淋病 の 治療
淋病 の 治療 とは
淋病 の 症状
淋病 の 症状 とは