淋病 ( リン病 ) とは

淋病 ( リン病 ) とは

淋病 ( リン病 )は、淋菌 の 感染 が 原因 で発症する 性感染症 である。

 

感染率 は、約30%であると言われており STD 、性病 に認定されている。

 

男性 と 女性 と、感染症 の 症状 は、異なり、
男性 の場合は、おしっこをする時 や 勃起時 などに激しい 痛み を伴うが、
女性 の場合、自覚症状 が無い事が多くみられる。

 

クラミジア の発症状態と酷似している 性感染症
淋菌 の 感染 が 原因 となる 林病 は、リン菌 の増殖が 原因 であり、
性器 クラミジア 感染症 と 同時 感染 している場合が多く観られます。

 

淋病 感染 患者中、約2割から3割の割合で、クラミジア との同時 感染症 が観られる。

 

淋菌 から 感染する 淋病 の 淋は「淋しい」という意味ではなく、
雨の林の中で木々の葉からポタポタと雨がしたたり落ちるイメージを表現したものである。

 

このことから、淋菌 性尿道炎 は、尿道の強い炎症のために、
尿道内腔が狭くなり、痛みと同時に尿の勢いが低下する為、

 

排尿がポタポタとしか出ないので、この表現が病名として使用されたと言われているそうです。

 

淋病 ( リン病 ) とは関連ページ

淋病 ( リン病 ) 感染経路
淋病 ( リン病 ) の 感染経路 は、口内 や 患部 の粘膜を通じて 感染 します。
淋病 の 治療
淋病 の 治療 とは
淋病 の 症状
淋病 の 症状 とは