梅毒とは

梅毒とは

梅毒とは 、スピロヘータの一種である 梅毒 トレポネーマ によって発生する感染症 性病 です。

 

その昔、 梅毒 は 性病 の中でも恐れられ、
抗生物質のない時代は確実な治療法はなく、不治の病として恐れられていました。

 

慢性化して障害をかかえたまま苦しむ者も多かったが、
現在では ペニシリン などの抗生物質があるので、
早期に 性病検査 治療 すれば全快する 性病 です。

 

梅毒 の主な 症状は、

 

 

 

 

梅毒 は、感染日数が経過するごとに症状が重くなる 性病 で、
第1期から第4期まで段階があります。

 

また、 梅毒 に感染していると、現在最も怖い 性病 HIV に感染しやすいです。

 

梅毒 に感染した場合の恐れがある場合、早期に、HIV 検査も含めた
性病検査 を受け、医師による 治療 を受けることをオススメします。

 

梅毒 になると「鼻がもげる」と言われているが、その昔、
鼻部の軟骨炎のためにや鼻の欠損になることがあった事から言われているそうです。

 

梅毒とは関連ページ

梅毒 の 症状
梅毒 の 症状 とは
梅毒 の 感染経路
梅毒 の 感染経路 など
梅毒 の 症状 第1期
梅毒 の 症状 第1期とは
梅毒 の 症状 第2期
梅毒 の 症状 第2期 とは
梅毒 の 症状 第3期〜第4期
梅毒 の 症状 第3期〜第4期とは