梅毒 の 症状 第3期〜第4期

梅毒 の 症状 第3期〜第4期

梅毒 の 症状 第3期〜第4期は、
第3期で、感染後3〜10年の状態で、
第4期で、感染後10年以降の状態である。

 

しかし、現在では抗生物質の進歩により、
梅毒 の 症状 第3期〜第4期は、ほとんどみられません。

 

ちなみに、梅毒 第3期 の症状は、

 

 

 

 

皮下組織にできるゴムのような腫瘍が発生し、
結節性梅毒疹 や ゴム腫 などといわれます。

 

また、この状態になってしまうと治癒は不可能である。

 

ただ・・・現在はみることは稀である。

 

 

次に、梅毒 第4期 の症状は、かなり重い 性病 とされており、

 

多くの臓器に腫瘍が発生したり、
脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし死亡する場合もある。

 

梅毒 第3期 の症状 同様、こちらも現在は稀である。

 

梅毒 の 症状 第3期〜第4期関連ページ

梅毒 の 症状
梅毒 の 症状 とは
梅毒 の 感染経路
梅毒 の 感染経路 など
梅毒 の 症状 第1期
梅毒 の 症状 第1期とは
梅毒 の 症状 第2期
梅毒 の 症状 第2期 とは
梅毒とは
梅毒 とは? 梅毒 の 症状 や 性病検査 など