梅毒 の 症状 第2期

梅毒 の 症状 第2期

梅毒 の 症状 第2期は、感染後3ヶ月〜3年の状態。

 

全身のリンパ節が腫れる他に、
発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。

 

バラ疹と呼ばれる特徴的な全身性発疹が現れることがあり、
大きさは、小豆からえんどう豆くらいの大きさのもので、
赤茶色で盛り上がったブツブツが目立つ発疹。

 

手足の裏から全身に広がり、顔面にも現れます。

 

特に手掌、足底に小さい紅斑が多発する事が多く、
皮がめくれた場合は特徴的な 梅毒 の 症状 である。

 

 

 

 

 

他にも、梅毒 症状 第2期 では、体の中心あたる部分に、
ピンク色の円形のあざができる事があり、顔や手足にも出る場合があります。

 

また、脱毛症状の症状が見られることもあります。

 

これらの症状は、3ヶ月から3年続き、自然に消えますが、
抗生物質で治療しない限り 梅毒 トレポネーマ は体内に残っている為、
医師 による 治療 を受けずほっておくと 梅毒 の 潜伏期に入ってしまいます。

 

潜伏期が始まってからの2年から3年間は、
第2期の症状を再発する場合がありますので、

 

早期の 性病検査 を受け、医師による 治療 を受けましょう。

 

梅毒 の 症状 第2期関連ページ

梅毒 の 症状
梅毒 の 症状 とは
梅毒 の 感染経路
梅毒 の 感染経路 など
梅毒 の 症状 第1期
梅毒 の 症状 第1期とは
梅毒 の 症状 第3期〜第4期
梅毒 の 症状 第3期〜第4期とは
梅毒とは
梅毒 とは? 梅毒 の 症状 や 性病検査 など