梅毒 の 症状 第1期

梅毒 の 症状 第1期

梅毒 の 症状 第1期は、感染後3週間〜3ヶ月の状態。

 

トレポネーマが侵入し感染したところ(性器、口、肛門、手指などの皮膚や粘膜)に
塊のような 痛みの無い しこり が出来るが、その後 しこり の中心部が硬く盛り上がります。

 

 

 

 

また、この他にも 梅毒 の 第1期 症状があり、股の付け根の部分 リンパ節 に
腫れが見られるが、放置しておくと2〜3週間で消えます。

 

梅毒 の 第1期 初期の頃は抗体発生前で、検査において陽性を示さない場合があるが、
6週間を超えると ワッセルマン反応等 の 梅毒 検査 で陽性反応が出るようになる。

 

梅毒 の 症状 第1期関連ページ

梅毒 の 症状
梅毒 の 症状 とは
梅毒 の 感染経路
梅毒 の 感染経路 など
梅毒 の 症状 第2期
梅毒 の 症状 第2期 とは
梅毒 の 症状 第3期〜第4期
梅毒 の 症状 第3期〜第4期とは
梅毒とは
梅毒 とは? 梅毒 の 症状 や 性病検査 など