セルシーフィット 自宅で簡単性病検査

梅毒 について記事一覧

梅毒 の 症状

梅毒 の 症状 は、感染後の経過日数によって第1期〜第4期まであります。第1期 梅毒 の最初の数週間は抗体発生前で、検査において陽性を示さない事もあります。梅毒 における 男性、女性 の 症状の差は無く、ほとんど、同じ 症状が見られます。梅毒 は特に、第1期と第2期が感染しやすいと言われており、梅毒...

≫続きを読む

 

梅毒 の 感染経路

梅毒 の 感染経路 は、主に性行為(オーラルセックス・アナルセックス)で 性病 の 感染 となります。口内に 梅毒 の病変部分がある場合は、キス でも感染します。梅毒 は トレポネーマ という病原菌が、皮膚や粘膜の微細な傷口から侵入し、血液中に入って全身に広がり、感染が肥大していきます。このことから...

≫続きを読む

 

梅毒 の 症状 第1期

梅毒 の 症状 第1期は、感染後3週間〜3ヶ月の状態。トレポネーマが侵入し感染したところ(性器、口、肛門、手指などの皮膚や粘膜)に塊のような 痛みの無い しこり が出来るが、その後 しこり の中心部が硬く盛り上がります。また、この他にも 梅毒 の 第1期 症状があり、股の付け根の部分 リンパ節 に腫...

≫続きを読む

 

梅毒 の 症状 第2期

梅毒 の 症状 第2期は、感染後3ヶ月〜3年の状態。全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。バラ疹と呼ばれる特徴的な全身性発疹が現れることがあり、大きさは、小豆からえんどう豆くらいの大きさのもので、赤茶色で盛り上がったブツブツが目立つ発疹。手足の裏から全身に広がり...

≫続きを読む

 

梅毒 の 症状 第3期〜第4期

梅毒 の 症状 第3期〜第4期は、第3期で、感染後3〜10年の状態で、第4期で、感染後10年以降の状態である。しかし、現在では抗生物質の進歩により、梅毒 の 症状 第3期〜第4期は、ほとんどみられません。ちなみに、梅毒 第3期 の症状は、皮下組織にできるゴムのような腫瘍が発生し、結節性梅毒疹 や ゴ...

≫続きを読む

 

梅毒とは

梅毒とは 、スピロヘータの一種である 梅毒 トレポネーマ によって発生する感染症 性病 です。その昔、 梅毒 は 性病 の中でも恐れられ、抗生物質のない時代は確実な治療法はなく、不治の病として恐れられていました。慢性化して障害をかかえたまま苦しむ者も多かったが、現在では ペニシリン などの抗生物質が...

≫続きを読む