性病 性感染症 の感染について

性病 性感染症 の感染について

感染症は 一つの病原体が体内に侵入したとしても感染するのでは無いそうです。

 

では、どういう事なのか?いいますと、
体内に入った 病原体 が 増殖 をしはじめ、その病原体に対しての
免疫能力を超えてしまうと感染してしまい、病状の発症となるそうです。

 

これは、 性病 性感染症 に限った事では無いそうです。
性病 性感染症 の場合の感染のルートとして、
血液 や 唾液 などの 分泌物 による感染が多いそうです。

 

傷 や 粘膜 ( 唇などの皮膚 )は、体外からの侵入に弱い為に
病原体が侵入しやすいそうです。

 

性交渉( セックス )自体、粘膜と粘膜をこすりつける動きをするのが一般的なので
知らず知らずの内に粘膜に傷も出来やすく、気が付かず感染してしまうとの事。

 

この事から理屈上は、
病原体 と 傷 や 粘膜 への 接触 がなければ 感染 の可能性はありません。

 

【あなたはどう?】クラミジア・梅毒・エイズ・淋菌・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ⇒ ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はウェブで確認、プライバシー重視の完全匿名検査です!
page top