男性 に見られる クラミジア の 症状

男性 に見られる クラミジア の 症状

男性の 性器 クラミジア 感染症 の症状は、
感染 後数週間の 潜伏期間 で発症するが、無症状の場合もある。

 

感染症 の半分は、殆ど自覚しない程、軽い 症状 に止まっています。

 

尿道に軽い炎症を起こし、排尿時に尿がわずかにしみたり、痛みを伴う場合もあります、
また、透明な膿や 濃い分泌物が少し出る程度のことが多いのです。

 

 

これらに気付かずに、治療せず放置しておくと、
菌が消えないため、クラミジア が体内深部に進行し、

 

副睾丸炎 や 慢性前立腺炎 などをおこすようになります。

 

また、肝炎 ・ 腎炎 にもなる事があるそうです。

 

 

いつまでもパートナーヘの 感染源 として菌をばらまく事となってしまいます。

 

 

これは、女性にも共通なことですが、
喉に 感染 すると 喉が痛くなり痰が増えたりするが、無症状の場合もある。

 

クラミジア に感染していると、他の性行為感染症やHIVの 感染率 も飛躍的に高りますので、
早期に、発見、治療のが良いでしょう。

 

セルシーフィットなどの自宅で出来る検査キットを使用して調べるか、
泌尿器科・性病科を受診して治療を受けましょう。

 

男性 に見られる クラミジア の 症状関連ページ

クラミジア とは
クラミジア とは? クラミジアの特徴について お勧めの検査など
クラミジア の 治療
クラミジア の 治療 方法、潜伏期間、抗生物質 など
クラミジア 検査
クラミジア 検査 は、血液検査 や 尿検査 でわかるそうです。
クラミジア 原因 と 感染経路
クラミジア の 原因 と 感染経路 について
女性に見られる クラミジア の 症状
女性の性器 クラミジア 感染症 の、症状 は、きわめて症状が軽く、感染症例の症状が出るのは5人に1人といわれています。