女性に見られる クラミジア の 症状

女性に見られる クラミジア の 症状

女性の性器 クラミジア 感染症 の、症状 は、
きわめて症状が軽く、感染症例の症状が出るのは5人に1人といわれています。

 

自覚症状にとぼしいため、感染に気づかないまま保菌している場合が多々ある。

 

症状が出たとしても、おりものが増える事があったり、不正子宮出血や下腹部痛が出る程度で、
医師でも気を付けないと見落とすような、感染をそれと自覚出来ないことが殆どなのです。

 

また感染に気が付かず、治療せず放置しておくと、
腟・子宮のみでなく、尿道にも感染がひろがり、膀胱炎症状を出すことも時々あります。

 

子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎になり、進行すると骨盤腹膜炎になったり
肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)や卵巣炎を引き起こし、子宮外妊娠(卵管妊娠)や不妊の原因となる事もある。

 

これらばかりでなく、産道感染がおこった場合、新生児が結膜炎・肺炎を発症することがある。

 

また絨毛膜羊膜炎をおこし流産、早産の原因ともなるそうです。

 

女性の場合は産婦人科・性病科を受診して治療を受けましょう。

 

女性に見られる クラミジア の 症状関連ページ

クラミジア とは
クラミジア とは? クラミジアの特徴について お勧めの検査など
クラミジア の 治療
クラミジア の 治療 方法、潜伏期間、抗生物質 など
クラミジア 検査
クラミジア 検査 は、血液検査 や 尿検査 でわかるそうです。
クラミジア 原因 と 感染経路
クラミジア の 原因 と 感染経路 について
男性 に見られる クラミジア の 症状
男性の 性器 クラミジア 感染症 の症状は、感染 後数週間の 潜伏期間 で発症するが、無症状の場合もある。